建設業許可福山サポートセンター

建設業許可の申請区分とは?

 

申請区分

 

 

建設業の新規許可取得、毎年の変更届や決算報告、5年ごとの更新、新たな業種追加、経営事項審査まで、安心で確実な建設業許可を行政書士が完全サポートします!

 

 

今回は、建設業許可申請区分について説明していきます。

 

 

申請の種類

 

建設業許可の申請と一言でいっても、以下のように5つの申請区分があります。

 

  • 新規申請
  • 許可換え新規申請
  • 般・特新規申請
  • 業種追加申請
  • 更新申請

 

また、業種追加申請と同時に更新申請を行ったり、般・特新規申請と同時に業種追加申請を行ったりすることもできますが、その場合には提出期限を厳守しなければいけませんので注意が必要です。

 

 

 

<建設業許可の申請・届出の区分>

申請区分

説明

新規申請 現在有効な許可をどの許可行政庁からも受けていない者が、許可を申請する場合
許可換え新規申請

現在有効な許可を受けている許可行政庁以外の許可行政庁に対し、新たに許可を申請する場合
〔例〕広島県知事許可→国土交通大臣許可
   広島県知事許可→岡山県知事許可

般・特定新規申請

一般建設業の許可のみを受けている者が新たに特定建設業の許可を申請する場合、又は特定建設業の許可のみを受けている者が新たに一般建設業の許可を申請する場合
〔例〕一般・電気のみ→特定・電気へ
※同一業種で一般と特定の両方の許可を受けることはできません。
例えば、本店で内装工事の一般、支店で内装工事の特定は認められません。

業種追加申請

一般建設業の許可業者がその他の業種の一般建設業の許可を申請する場合、又は特定建設業の許可業者がその他の業種の特定建設業の許可を申請する場合
〔例〕一般・電気のみ→一般・電気通信を追加

更新申請 既に受けている建設業の許可を、そのままの要件で続けて申請する場合

福山の建設業許可ならお任せください

行政書士妹尾康忠事務所

メールでのお問い合わせ

〒720−0823 広島県福山市千代田町2−3−32−102

TEL 084−954−6515  FAX 084−993−4065