建設業許可福山サポートセンター

建設業許可申請書類一式の作成の前に注意すること

 

申請書類作成の注意点

 

 

建設業の新規許可取得、毎年の変更届や決算報告、5年ごとの更新、新たな業種追加、経営事項審査まで、安心で確実な建設業許可を行政書士が完全サポートします!

 

 

今回は、建設業許可申請書類一式の作成にかかる前の注意事項等について説明していきます。

 

 

建設業許可申請書類一式の作成について

 

ここから建設業許可申請書類一式の作成に入ります。

 

この許可申請書類は、これから建設業を営もうとする許可申請者が建設業法に則った建設業者かどうか、許可に値するかどうかを判断する重要な書類ですので、作成は慎重に行わなければいけません。

 

申請書類作成の注意点

内容はこれまで説明してきた具体的な事項を書面に起こすのですが、ここで虚偽の記載があれば、許可が下りないか、許可を受けた後でも許可を取り消されることがあります

 

さらに、虚偽の理由で許可を取り消された者は、その取り消しの日から5年間は新たに許可を取得することができませんので注意が必要です。

 

 

申請書類の記入例及び記入上の注意

 

  • 記入文字は,ペン又はボールペンにより楷書で丁寧に記入してください。
  • 数字は,全て算用数字で記入してください。
  • 書き間違えた場合は,二本線で消し,その箇所に押印して書き直すか,捨印によるか,いずれかの方法により訂正してください。
  • 印刷してある文字を抹消する場合は,訂正印は必要ありません。
  • 申請書は,「閲覧書類」とイ「非閲覧書類」とに分けて,綴込順の順序によって,とじひもかクリップで左綴じしてください。
  • 添付の必要のある書類で記載事項のない場合には,「該当なし」と記入して提出ください。

福山の建設業許可ならお任せください

行政書士妹尾康忠事務所

メールでのお問い合わせ

〒720−0823 広島県福山市千代田町2−3−32−102

TEL 084−954−6515  FAX 084−993−4065