建設業許可福山サポートセンター

建設業許可の要件とは?

 

建設業許可の要件

 

建設業の新規許可取得、毎年の変更届や決算報告、5年ごとの更新、新たな業種追加、経営事項審査まで、安心で確実な建設業許可を行政書士が完全サポートします!

 

 

今回は、建設業許可の要件についてどんなものがあるのか説明していきます。

 

 

建設業許可の要件にはどんなものがあるか?

 

建設業許可の要件と聞いてもピンとこないかもしれません。

 

しかし、私たちの身の回りには、これと似たような資格や免許を取るための要件があります。

 

運転免許

代表的なのが自動車運転免許です。

 

自動車の運転免許を取得するには、受験資格が18歳以上であること、一定以上の視力があること、学科試験と実技試験に合格すること、といった要件が定められています。

 

そして、これと同様に、建設業許可を取得するためにもいくつかの要件が定められています。

 

 

建設業許可を取得するための5つの要件

 

 

上記5つの要件が整っていれば許可は下ります。

 

建設業許可を取得したいとお考えのお客様にとって、自社が許可の要件を満たしているのか、満たしているとしたら、それを裏付ける資料としてどんなものを用意したらよいのかは、大事なところだと思います。

 

しかし、建設業許可の取得においては、その要件を満たしいることを示していくのが難しく、特に経営業務の管理責任者と専任技術者については最も煩雑なところです。

 

添付資料

建設業許可申請において、上記の5つの要件それぞれについて、申請書や裏付け資料の添付や原本の提示などが求められます。

 

そして、この資料集めにみなさん苦労されます。

 

実質的には建設業許可の要件を満たしていたとしても、そのことを証明できる資料等を示せなければ許可してもらえないことがありますので、要件を証明できる資料を申請以前から準備しておくことが大切になってきます。

福山の建設業許可ならお任せください

行政書士妹尾康忠事務所

メールでのお問い合わせ

〒720−0823 広島県福山市千代田町2−3−32−102

TEL 084−954−6515  FAX 084−993−4065