建設業許可福山サポートセンター

標識の設置忘れていませんか?

 

建設業の標識

 

 

建設業の新規許可取得、毎年の変更届や決算報告、5年ごとの更新、新たな業種追加、経営事項審査まで、安心で確実な建設業許可を行政書士が運営する建設業許可福山サポートセンターが完全サポートします!

 

 

建設業の許可を取得した建設業者の方は、許可取得を証明するために全ての事務所(店舗)と建設現場に標識を掲示しなければなりません。

 

工事現場の出入り口付近の壁に貼ってある四角い標識ですね。

 

 

今回は、建設業許可を取得した後の義務の一つ、標識の設置義務について説明していきます。

 

 

標識の掲示について

 

許可を受けた建設業者は,その店舗及び建設工事の現場ごとに,公衆の見やすい場所に標識を掲げなければなりません。(建設業法第40条)

 

「公衆の見やすい場所」ということですので、事務所の応接スペースに掲示するのではなく、道路に面した側の建物の壁面、歩行者の方が見てどんな建設業の内容なのかを確認できるということです。

 

標識の記載事項は,店舗にあっては次の@からCまでに掲げる事項,建設工事の現場にあっては@からDまでに掲げる事項です。

 

@ 一般建設業又は特定建設業の別
A 許可年月日,許可番号及び許可を受けた建設業
B 商号又は名称
C 代表者の氏名
D 主任技術者又は監理技術者の氏名

 

建設業の標識1

建設業の標識2

建設業の標識3

 

 

なぜ標識を掲示しないといけないのか

 

標識を掲げる意義は次のとおりです。

 

  1. 建設工事の施工が建設業法による許可を受けた適法な業者によってなされていることを対外的に明らかにすること。
  2. 建設工事は、工事現場が移動するとともに、多数の建設業者が同時に施工に携わるため、安全施工、災害防止等の責任が曖昧になりがちであることから、対外的にその責任主体を明確にすること。

福山の建設業許可ならお任せください

行政書士妹尾康忠事務所

メールでのお問い合わせ

〒720−0823 広島県福山市千代田町2−3−32−102

TEL 084−954−6515  FAX 084−993−4065