建設業許可福山サポートセンター

般特新規とは?

 

般特新規とは

 

 

建設業の新規許可取得、毎年の変更届や決算報告、5年ごとの更新、新たな業種追加、経営事項審査まで、安心で確実な建設業許可を行政書士が運営する建設業許可福山サポートセンターが完全サポートします!

 

 

今回は、建設業許可の申請区分の一つ、般特新規について説明していきます。

 

 

般特新規とは?

 

今は一般建設業の許可を取得しているが、これから4000万円以上(建築一式は6000万円以上)の工事を元請として下請け業者に発注しようとする場合に特定建設業の許可が必要となります。

 

このように既存の一般建設業の許可から特定建設業の許可に変更(その逆もあり)することを般特新規と呼びます。

 

まとめると以下のようになります。

 

  1. 一般建設業の許可のみを受けている者が新たに特定建設業の許可を申請する場合
  2. 特定建設業の許可のみを受けている者が新たに一般建設業の許可を申請する場合

 

  • 2の場合で、許可を受けている建設業の一部について一般建設業の許可を申請しようとするときは、当該特定建設業を廃業し、般特新規として申請することとなります。
  • 2の場合で、許可を受けている建設業全部について一般建設業の許可を申請しようとする場合には、特定建設業の全部を廃業させた後、新たに一般建設業の許可を申請することなります。⇒この場合は建設業の新規許可申請となり、般特新規ではありません。)

 

⇒一般建設業許可と特定建設業許可の違いはこちら

 

般特新規のケースとしては、

 

般特新規の例

 

  • 一般の「とび・土木・コンクリート工事」の許可のみを受けている業者が特定の「とび・土木・コンクリート工事」の許可を新たに取得する場合
  • 一般の「内装工事」の許可のみを受けている業者が新たに特定の「防水工事」の許可を取得する場合

 

福山の建設業許可ならお任せください

行政書士妹尾康忠事務所

メールでのお問い合わせ

〒720−0823 広島県福山市千代田町2−3−32−102

TEL 084−954−6515  FAX 084−993−4065