建設業許可福山サポートセンター

建設業許可の業種追加について

 

業種追加

 

 

建設業の新規許可取得、毎年の変更届や決算報告、5年ごとの更新、新たな業種追加、経営事項審査まで、安心で確実な建設業許可を行政書士が運営する建設業許可福山サポートセンターが完全サポートします!

 

 

今現在、ある業種で建設業許可を取得している事業者が、別の業種についても許可を取得しようとする場合は、業種追加という申請をします

 

 

今回は、そんな建設業の業種追加について説明していきます。

 

 

業種追加とは?

 

業種の追加とは、下記のことをいいます。

 

  1. 一般建設業の許可を受けている者が他の建設業について一般建設業の許可を申請する場合
  2. 特定建設業の許可を受けている者が他の建設業について特定建設業の許可を申請しようとする場合

 

上記のように、業種追加は一般建設業の許可を受けている事業所は、一般建設業の業種しか追加できません(特定建設業の場合も同様です)。

 

⇒一般建設業と特定建設業の説明はこちらをご覧ください。

 

したがって、一般建設業の許可のみを取得している事業所が新たに特定建設業の業種を追加することは業種追加にはあたりません。

 

これが、般・特新規申請と言い、新規の申請が必要です。

 

 

建設業の更新手続きが済んでいるかどうか

 

建設業の許可を受けている事業所は下記の2つに分けられます。

 

  1. 一回も建設業の更新をしたことがない事業所
  2. 建設業の更新をしたことがある事業所

 

建設業の業種追加の場合、どちらに当てはまるかにより必要となる書類や手続きが異なっていきます。

 

 

一回も建設業の更新をしたことがない事業所のケース

 

この場合、業種追加するためには次の要件をクリアする必要があります。

 

  • 追加する業種の経営業務の管理責任者がいるかどうか
  • 追加する業種の専任技術者がいるかどうか
  • 財産的基礎要件を満たしているかどうか

 

以上の要件をクリアしていないと業種の追加はできません。

 

 

建設業の更新をしたことがある事業所

 

一回でも更新手続きを終えている事業所は、一般建設業の許可を業種追加する場合は、財産的基礎要件が省略されます

 

 

追加する業種の経営業務の管理責任者

 

経営業務の管理責任者については、6年の経験があれば、すべての業種の経営業務の管理責任者となることができます

 

建設業の許可を取得するのに5年の経験が必要ですので、許可を取得後1年経過すればすべての業種の管理責任者となることができるのです。

 

 

追加する業種の専任技術者

 

専任技術者では資格を持っている場合、1人で複数の業種を担当することも可能です。

 

たとえば、1級建築施工管理技士を持っているなら、建・大・左・と・石・屋・タ・鋼・筋・板・ガ・塗・防・内・絶・具を1人で担当できるわけです。

福山の建設業許可ならお任せください

行政書士妹尾康忠事務所

メールでのお問い合わせ

〒720−0823 広島県福山市千代田町2−3−32−102

TEL 084−954−6515  FAX 084−993−4065