建設業許可福山サポートセンター

現場代理人とは?

 

現場代理人

 

 

建設業の新規許可取得、毎年の変更届や決算報告、5年ごとの更新、新たな業種追加、経営事項審査まで、安心で確実な建設業許可を行政書士が運営する建設業許可福山サポートセンターが完全サポートします!

 

 

現場代理人と聞いて、主任技術者や専任技術者だと勘違いする人もいるかと思います。

 

この現場代理人は、公共工事においては主任技術者・監理技術者のように配置が必要となります。

 

今回は、そんな現場代理人について説明していきます。

 

 

現場代理人とは?

 

現場代理人は、建設業法で設置を義務付けるものではなく、契約に基づき設置されているものですが、請負契約の的確な履行を確保するため、工事現場の取締りのほか、工事の施工及び契約関係事務に関する一切の事項を処理するものとして工事現場に置かれる請負人の代理人です。

 

しかし、上述したように、公共工事においては、公共工事標準請負契約約款により現場代理人の設置が求められます。

 

建設業法では、請負人が請負契約の履行に関し工事現場に現場代理人を置く場合には、現場代理人の権限に関する事項及び当該現場代理人の行為についての注文者の請負人に対する意見の申し出の方法を、書面により注文者に通知しなければならないこととしています。

 

 

(1)現場代理人の資格要件

特別な資格は要しませんが、直接的かつ恒常的な雇用関係(正社員)であることが必要です。

 

(2)現場代理人の常駐

現場代理人は、工事現場に常駐することを契約約款において義務づけています
「常駐」とは、当該工事のみを担当していることだけでなく、工事期間中、特別の理由がある場合を除き常に工事現場に滞在していることを意味するものであり、施工上必要とされる労務管理、工程管理、安全管理等を行い、発注者又は監督職員との連絡に支障をきたさないようにしなければなりません。

 

(3)現場代理人の兼務

現場代理人は常駐を要することから、特別な場合を除いて他の工事と重複して現場代理人となることはできません。
しかし、業務に支障がないと発注者が認めれば複数の現場を一人の現場代理人が兼務することができる。

福山の建設業許可ならお任せください

行政書士妹尾康忠事務所

メールでのお問い合わせ

〒720−0823 広島県福山市千代田町2−3−32−102

TEL 084−954−6515  FAX 084−993−4065