建設業許可福山サポートセンター

令3条の使用人とは?

 

令3条の使用人

 

 

建設業の新規許可取得、毎年の変更届や決算報告、5年ごとの更新、新たな業種追加、経営事項審査まで、安心で確実な建設業許可を行政書士が運営する建設業許可福山サポートセンターが完全サポートします!

 

 

建設業の許可要件のなかで経営業務の管理責任者がいること、というものがありました。

 

この経営業務の管理責任者に該当する者として、会社(法人)の役員であった者、個人事業主であった者、支配人であった者、そして今回の令3条の使用人であった者が含まれます。

 

 

今回は、そんな令3条の使用人について説明していきます。

 

 

令3条の使用人とは?

 

令3条の使用人とは、正式には「建設業法施行令第3条に規定する使用人」といいます。

 

建設工事の請負契約の締結やその履行、公共工事の入札、契約締結にあたって、一定の権限を有すると判断される者で、支店および支店に準ずる営業所の代表者で、いわゆる「支店長」や「営業所長」と呼ばれる人のことです。

 

 

経営業務の管理責任者になれる

 

上述したように、令3条の使用人は、建設業許可を取得するための要件の一つである「経営業務の管理責任者」になることができます。

 

「経営業務の管理責任者」とは,営業取引上対外的に責任を有する地位(法人の常勤の役員,個人事業主又は支配人,その他支店長又は営業所長等)にあって,建設業の経営業務について総合的に管理した経験を有する者をいいます。

 

令3条の使用人が経営業務の管理責任者になるには、令3条の使用人として5年または6年間以上携わっていれば、経営業務の管理責任者としての要件として認められ、その他にも取締役などの役員の経験と合算しても可能です。

 

例えば、建設業の許可を取得している建設業者がもう一つほかに営業所を設ける場合に、その営業所で契約締結を行う人として支店長や営業所長を任命した場合、その者をこの令3条の使用人として届け出る必要があります。
そして、この営業所での令3条の使用人としての経験が、経営業務の管理責任者としての経験として認められることになるのです。

福山の建設業許可ならお任せください

行政書士妹尾康忠事務所

メールでのお問い合わせ

〒720−0823 広島県福山市千代田町2−3−32−102

TEL 084−954−6515  FAX 084−993−4065